個人開発・プログラム

個人開発でぶち当たる困難を解決するのに飛天御剣流奥義「天翔龍閃」が役立つ?

日本刀とビジネスマン

こんにちは、YuKiOです。

このブログでは、カメラ・写真、プログラム・個人開発、読書についてなどアウトプットの場です。

内容が気に入っていただけたら、ぜひお気に入りに登録や各種SNSのアカウントをフォローください。

ツイッター:https://twitter.com/oo_forward

インスタグラム:https://www.instagram.com/yukio_photographer/

すごい突拍子もない話ですが、個人開発していると難題にぶち当たって、挫けそうになることもありますよね?

それを解決するために「天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)」の考え方が役立つのでは?というお話です。

天翔龍閃は、僕と同じ世代の人なら知っていると思いますが、知らない人のために説明しておくと、「るろうに剣心」という漫画の主人公が使う必殺技(奥義)、抜刀術です。

天翔龍閃 (あまかけるりゅうのひらめき)とは【ピクシブ百科事典】

天翔龍閃は、

天翔龍閃
  • 生きたいという強い決意
  • 刀で左足を切るかもしれない極限状態の中で左足を1歩前に踏み出す

この2つの要素で抜刀術を超神速まで極めて、九頭龍閃(防御も回避もできない技)を打ち破ることで取得できます。

世の中は九頭龍閃ばかり

人生って何をするにしても、バンバン九頭龍閃が飛んでくる

無理難題な九頭龍閃

理不尽な九頭龍閃

今いる環境自体が九頭龍閃

そう、個人開発だってサービスリリースしてもなかなかうまくいかず、世の中から九頭龍閃を放たれて散っていくことが多い。

滝壺に落ちて這い上がった直後に九頭龍閃

もう世の中は九頭龍閃だらけですし、九頭龍閃を攻略するなんて無理だ・・・あきらめてしまう人もいると思います。

困難な時こそ一歩踏み出す。

困難という九頭龍閃にぶち当たった時、本来の目標を見失ったり、新しいことを始めるのに億劫になったりしてませんか?

そんな時、九頭龍閃を打ち破ることができる天翔龍閃の考え方が役立つなと思ったわけです。

それを個人開発や人生に置き換えると

天翔龍閃の考え方を応用
  • 生きたいという強い決意 →「目標を達成するという強い意志」
  • 刀で左足を切るかもしれない極限状態の中で左足を1歩前に踏み出す →「さらなる失敗を恐れずに新しい一歩に踏み出して行動する」

この考えが世の中の九頭龍閃を打ち破る、自分の天翔龍閃になるのかなと。

とはいえ、世の中そうそう思い通り行くこともないのも知っています。

志々雄真実(ラスボス的なやつ)もたくさんいるので、自分が放つ弱々しい天翔龍閃はスカされるかもしれない

でも、飛天御剣流は「隙の生じぬ二段構え」だということを忘れていませんか?

一度放った天翔龍閃の勢いは、空間を真空状態にして相手を引き寄せ、さらに回転を加えることで威力を増し、2撃目を与えて志々雄真実を打ち破りました。

こんな感じで天翔龍閃を放って失敗したとしても、何か違う形できっと良い影響を与えてくれるのではないでしょうか?

僕は、いつも失敗や困難にぶち当たっても行動するようにしています。

困難にぶち当たると、人って守りになりがちですが、そういう時ことをバンバン攻めるのって、新しいことを積極的にやるのが大切じゃないかなと思うわけです。

3ヶ月間の活動で方針変換

もう、1年の4分の1が終わろうとしているんですよね。

この3ヶ月はWebサービスを1日で作ったり、去年作ったサービスを修正したりと行動ししていました。

いろいろ実験も兼ねてだったので、今後の開発の糧となる貴重な収穫もありました。

しかし、サービス自体の成果はありません。

ただ上手くいかないのであれば、何か新しい一歩、行動をして流れを変える必要があるなと感じていました。

ある日、だらさんのFlutterの動画をみて、そこからちょっと絡ませていただいてからアプリの可能性も感じ始めました。

その日から早速Flutterの開発を始めました。

考えていたアイデアの中で、アプリの方が相性がいいなと思っていたアイデアもあり、それこそ無理やりWebで実現させて、墓場にいかせるのも可哀想なので、Webサービスは一旦おいてアプリの作ってみてよう

3月中には1つリリースしてみたいなと思っています。

その後、きちんとしたWebサービスを個人と会社で挑戦を考えています。

Flutterが天翔龍閃となって、目の前の九頭龍閃を打ち破れたらと思います。

今日も開発頑張っていきましょう!

YuKiOをフォローする